知的財産の中で商標には必ず取り組んでください!商標に取り組まないリスクとは?

 商標登録の重要性について弁理士及び弁理士ではない方を含む複数人で議論する機会がありましたので、商標の取り組みに対する重要性の記事を書こうと思います。

 特許、商標等の知的財産の中でも特に気を付けなければならないのが商標です。商標は商品・サービスのネーミングやロゴマークであり、事業を営んで商品の販売・サービスの提供を行っていれば必要になると思います。軽視しがちですが、商品の販売・サービスの提供を行っていれば、商標権侵害のリスクというのは常に潜んでいます。特に、商品・サービスが好調になりはじめたときに商標権侵害の警告を受けることが多く、警告を受けた事業者としては大ダメージを受ける可能性があります。

続きを読む

Meta(旧Facebook)のロゴマークに商標出願!商標の衝突とは

 商標登録は、使用を希望する商標の椅子取りゲームです。椅子に座らなくても商標の使用はできるものの、誰かがその椅子に座ってしまうと、椅子に座った人以外の人は、その商標を使用することはできなくなります。今回は、Meta社の商標出願を例に、実際に行われた椅子取りゲームについてお話ししていこうと思います。

 Meta社(旧Facebook社)は、2021年10月28日社名変更を発表し、同日に「Meta」のロゴマークについて、アメリカで商標登録出願をしています。

 一方で、データ資産管理事業を営むスタートアップのMinitt社は、以下のロゴマークについて使用していました。当該ロゴマークは、商標登録出願をしておらず、椅子に座らずに商標を使用している状態でした。このロゴマークについて、Meta社の発表したロゴマークと「激似」であるとのニュースがありましたね。

続きを読む

Facebook社名変更!身近な事件から商標法を知ろう

 米国のIT企業「Facebook」が、2021年10月28日に社名を「Meta(メタ)」に変更しましたね。本記事では、社名変更に基づいて発生するリスクを商標法の観点からお話ししていきます。

 リブランディングは、商標登録に取り組まないことの大きなリスクの一つです。商標登録に取り組まないことによって、自社商標が他人に登録されていたことを後から知るケースは非常に多く、このような場合、リブランディングの必要性が生じます。最初から商標登録に取り組んでいれば10万程度で済んでいたのに、リブランディングにかかるコストは100万を超える可能性もあります。

 「リブランディング」と聞くと、みなさんはどのようなリスクを思い浮かべますか?Webサイト、看板、各種営業資料等の作り直しはもちろんのこと、リブランディングにかかるリスクはそれだけに留まりません。

リブランディングにかかる最大のリスクとは

続きを読む

PPAPの衝撃再び・・・

 「PPAP」というフレーズに対し、「PPAP」とは全く関係のない第三者が商標登録出願をした事件がありましたね。これに似た事件が再び起きてしまいました。
 みなさんは今使っている商品名がある日突然使用できなくなったらどうしますか?このようなことが世の中では実際に起きています。今回は、商品名(サービス名)に対する商標権の危険性について事例を用いて話していきます。

 Youtubeにおいて主に料理系動画を投稿している「くまクッキング」というチャンネルを知っていますでしょうか。くまクッキングは、約23万人(2021年10月29日現在)のチャンネル登録者数を誇り、Youtube業界においては有名といって差し支えないと思います。

続きを読む