知的財産の中で商標には必ず取り組んでください!商標に取り組まないリスクとは?

 商標登録の重要性について弁理士及び弁理士ではない方を含む複数人で議論する機会がありましたので、商標の取り組みに対する重要性の記事を書こうと思います。

 特許、商標等の知的財産の中でも特に気を付けなければならないのが商標です。商標は商品・サービスのネーミングやロゴマークであり、事業を営んで商品の販売・サービスの提供を行っていれば必要になると思います。軽視しがちですが、商品の販売・サービスの提供を行っていれば、商標権侵害のリスクというのは常に潜んでいます。特に、商品・サービスが好調になりはじめたときに商標権侵害の警告を受けることが多く、警告を受けた事業者としては大ダメージを受ける可能性があります。

 商標に取り組まないことのリスクは、他人の商標権を侵害する可能性と、将来的に第三者に対して商標登録された場合に自社商標を使えなくなることです。第三者に商標登録された場合は、登録される商標が全く同じでなくても自社商標を使えなくなる可能性があります。また、将来的に第三者に商標登録された場合は、その商標登録の事実に気づけないことが多く、第三者の商標権を侵害してしまうことが多いです。第三者の商標権を侵害した場合は、損害賠償請求及び差止請求を受ける可能性があります。更に、自社商標の変更を余儀なくされるため、自社商標を使用した各種営業資料(チラシ、名刺、HP等)の作り直しにリソースをもっていかれてしまいます。

 弁理士を通して商標に取り組めば、他人の商標権を侵害する危険性を排除すると共に、商標登録を受けることで半永久的に自社商標を使用することができます。商標登録出願にかかる費用は概ね10万~20万に収まります。10万~20万の費用で上記リスクを排除することができるスイッチは商標登録以外にありません。
 商標への取り組みは軽視されがちではあるものの、事業上誰しも関わることのある重要なポイントです。商標登録の重要性については定期的に記事にしようかなと思います。