特許権を取得することのメリットは感じにくいという現実・・

 特許権は、その特許権にかかる発明の独占的な実施を認めるものです。この言葉の意味は理解しやすいと思うのですが、ビジネス上で特許権を取得したことの「効果」を実感することは非常に難しいです。勝訴といった明確な事実がある場合を除き、特許権を取得したことの効果を感じられる機会は限定的です。

 先日お客様と特許権を取得したことの効果について話す機会がありました。そのお客様はビジネスを進める上で特許権を取得したことの効果を感じるとのことでした。具体的には、投資家からの資金調達や大手企業からの引き合いの場面で特許権を保有していることの効果を感じているそうです。
 特許権は発明の独占的な実施を認める権利ではあるものの、それがビジネス上どのように役立つかを可視化する方法として、投資家やアライアンス企業との交渉の場があるといえますね。

 また、特許出願に対しては、「情報提供」という嫌がらせをすることができます。情報提供は、その特許出願を行った者ではない第三者からなされるものであり、その特許出願の審査にあたって、登録要件を充たしていないことの根拠に成り得る文献等を特許庁に対して提供することができます。特許庁では、その文献等も含めた審査を行うことになり、情報提供により示された根拠に基づいてその特許出願が拒絶されることもあります。つまり、第三者は、その特許出願の内容をみて、その特許出願にかかる発明に対して特許権が成立することを嫌がって特許庁に対して情報提供するわけです。
 こういった場合にも、競合他社が嫌がっているということが可視化され、特許に対して取り組むことの効果を実感できる体験であるといえます。