NFTブーム真っ只中!

 2021年に急速成長したNFT市場。ブロックチェーン技術によって、デジタルデータに代替不可能なトークンを持たせることで、デジタルデータが高い資産価値を持つようになりました。ブロックチェーン上に刻まれた所有者の情報は改ざん不可能であり、これまで容易に複製が可能であったデジタルデータを唯一無二のものとすることが可能になりました。この希少性こそがNFTの価値なのです。

 以前、私もNFTに触れてみたいと思い、Open SeaでNFTアートを購入しましたが、有名でない個人の方が作成したデジタルアートであってもそこそこ高かったと記憶しております。また、著作権的にも怪しい表現がされているデジタルアートも散見され、そのあたりが整備されるまではまだ時間がかかるのかなといった印象でした。

 NFT市場への参入を試みる企業は数多く存在し、例えば、ウォルマート、クロックス、Hulu、プーマ等は、既にNFT関連の商標への取り組みを行っているようです。コナミやセガ等のゲームメーカーもNFTへの参入を表明しており、NFT関連の商標に取り組んでいます。
 新しい商品の販売やサービスをはじめるときは、商標に取り組む必要があるという原則に則った取り組みであり、実際に商品の販売やサービスの提供を行う前であっても、先駆けて商標登録を試みることは非常に大事ですね。