第三者に商標登録されてしまった場合の対処方法をご紹介します

 先日、世間は「ゆっくり茶番劇」の話しでもちきりになりましたね。一時はライセンス料が撤廃され、商標登録は維持すると発表されたものの、その後2022年5月23日に商標登録を受けた柚葉氏が放棄手続を行うとのことで今回の騒動は落ち着きそうな感じはあります。

 商標登録に対しての有効的な手段はあります!

続きを読む

ゆっくり茶番劇大炎上!!やっぱり大事な商標権!

 「ゆっくり茶番劇」というのはご存じでしょうか?もう知っている方も多いとは思いますが、よくニコニコ動画やYoutubeの動画でみられる霊夢と魔理沙による対話形式のものです。私もよくYoutubeをみるので度々目にします。最近ではハリーポッターの解説動画でお世話になりました。

 この「ゆっくり茶番劇」という名称を「ゆっくり茶番劇」とは関係ない第三者によって商標登録されてしまいました。過去にもPPAP、くまクッキングといった名称がその名称を使用している者とは関係のない第三者に商標登録されてしまうことがあり、商標関係の事件が世間の目にうつる形となりました。

続きを読む

著作権には登録制度があるけどないんです!?

 特許権、商標権等の産業財産権は、特許庁に対して出願して国が定めた登録要件を充たす場合に登録されます。一方、著作権にも登録制度があり、文化庁に対して申請することで登録されます。

 特許権等は、特許庁の審査で合格し、登録されることで初めて有効な権利として発生します。一方、著作権は著作物を創作した時に発生します。そのため、登録されなくても権利が発生する著作権には本来的に登録制度は必要ないようにも思えます。

続きを読む