辛い花粉の季節ですね・・・

 こんにちは弁理士のTSです。今年も花粉の季節がやってきました。私は物心ついたときから花粉症で、花粉症による目と鼻の症状には慣れているものです。なので、最後に花粉症を理由に耳鼻科にいったのは15年ほど前になり、花粉症の症状は受け入れて過ごしてきました。もっとも、鼻炎持ちでもあるので出ている症状が花粉症によるものなのか鼻炎によるものなのかよくわからない状態ではありますが。

続きを読む

2021年弁理士試験お疲れさまでした。

 本日は弁理士試験の合格発表でしたね。最終合格をした方々、おめでとうございます。弁理士の口述試験は9割方受かるものの、実際に自分の受験番号が書かれた合格発表をされた瞬間は安堵するものですよね。私が口述試験に合格したときは、「ほっ」という感じでした(論文試験の合格発表の時は泣きました(笑))。

 さて、弁理士試験最終合格の次に待っているのが実務修習です。実務修習は、弁理士業務に触れるためのものです。弁理士の実務をやったことがない場合、苦労するかと思います。

 ですが!!これを超えれば晴れて弁理士です。これから弁理士になる者として、プライドをもって実務修習に臨みましょう!!

無事に特許取得 任務完了!

先日、特許出願の面接審査でエキサイトしてしまったことを書きました。

面接審査のあと、審査官とのやり取りを冷静に振り返り
審査基準を確認しながら所内の他の弁理士とも意見を交わして
審査官の見解に対する反論を構成し
意見書を応答期間内に特許庁へ提出していました。

もちろん、特許請求の範囲は狭めずに、審査官の見解に対して真正面からの反論です。

そして今週、その特許出願について特許庁から無事に特許査定を受領しました。
審査官がこちらの反論を受け入れて、拒絶理由が解消し、特許が許可されたわけです。

続きを読む

特許の取得は簡単!?

先日のブログで、特許庁審査官のと面接審査で激論してしまったことを書きました。
論点は、特許を認めてもらいたい発明が過去の技術から自明かどうかです。
自明ならば特許取得できませんが、非自明ならば特許取得できます。

あの面接審査で私の導火線に点火してしまった理由の一つとして、
審査官のある発言がありました。

「他に特許できそうなネタが出願書類の中にないんですか?」

要は、自明or非自明を無理して争わないで、
審査で特許し易いように権利範囲を狭めてはどうですか、
そうすれば特許できる可能性ありますよ、という意味です。

実は、我々弁理士にとって、特許を取得することそれ自体はそんなに難しいことではありません。
何故ならば、特許で取得する独占権の範囲をどんどん絞っていけば、
先行技術との差異が明確になり、審査を突破して特許取得することができるからです。

続きを読む