この配色、何の商品かわかりますか?

 この配色はチキンラーメンのパッケージに使われている色の組み合わせです。先日このチキンラーメンの配色が商標登録されました。
 実は、日本の商標法では色彩のみの商標登録が認められています。商標は、同一商品の中から他の事業者の商品と区別するためのものです。本来的には色のみで事業者の区別をすることは困難なので、商標登録を認めるべきではないという視点もあります。また、色のみの商標登録は、その色について他の事業者が使えなくなるという非常に強力な権利のため、安易に認めてよいものではないです。

続きを読む

ペグの形が問題になった!?製品開発時に注意しておきたい不正競争防止法!

 キャンプ用品を展開するスノーピークは、山谷産業における「ペグ」の販売行為が不正競争防止法に違反しているものとして、当該ペグの販売差止め及び損害賠償の支払いを求めて東京地裁に提訴しました。

 スノーピークは、 山谷産業の販売する「エリッゼステーク」 というペグがスノーピークの販売する「ソリッドステーク」 というペグに類似し(なお、類似以外の要件もあります。)、山谷産業の販売行為が不正競争防止法の2条1項1号に該当すると主張しています。

【ソリッドステーク】

【エリッゼステーク】

 両者を比較すると、確かに似ていますね。ソリッドステークとエリッゼステークは、キャンパーの中では鍛造ペグの二大巨頭と言われるほど浸透しており、ペグ選びの際に度々比較対象として紹介されます。

続きを読む

その商品デザイン、他人の権利を侵害していませんか?

 商品デザインにかかる知的財産権には、意匠権があります。意匠権を取得すると、意匠権を取得した者は、その意匠と同じデザイン又は似ているデザインを施した商品の販売を独占することができます。もっとも、意匠権には存続期間があるので、一定期間の独占となります。

 商品デザインに権利があるということは、製品開発に際し、開発製品と似たようなデザインが施された意匠にかかる意匠権が存在しないかをリサーチする必要があります。これを怠って商品を販売してしまうと、他人の意匠権を侵害する可能性がでてきてしまいますからね。

続きを読む