特許庁の判断は審査する審査官によって変わる場合があります

 商標、特許等にかかる出願は、特許庁に対して行います。特許庁は、これらの出願内容を審査し、登録できるものであると判断すれば、登録査定を出願人に通知します。登録できるものかどうかを判断するのは、特許庁で実際に審査する審査官です。

続きを読む

その商品デザイン、他人の権利を侵害していませんか?

 商品デザインにかかる知的財産権には、意匠権があります。意匠権を取得すると、意匠権を取得した者は、その意匠と同じデザイン又は似ているデザインを施した商品の販売を独占することができます。もっとも、意匠権には存続期間があるので、一定期間の独占となります。

 商品デザインに権利があるということは、製品開発に際し、開発製品と似たようなデザインが施された意匠にかかる意匠権が存在しないかをリサーチする必要があります。これを怠って商品を販売してしまうと、他人の意匠権を侵害する可能性がでてきてしまいますからね。

続きを読む